光学式タッチパネル

  • 動作原理
  • 特徴
  • 仕様

 動作原理

 赤外線と影の2箇所からの測定で、指先の位置を検出。

右の図のように、赤外線投光器と赤外線イメージ・センサを組み合わせたものを2個配置したものを光学式(カメラ方式)と呼びます。イメージ・センサから照射された赤外線は、タッチ領域の3辺に置かれた反射粋で反射されてイメージ・センサがデータを受信します。

タッチされると赤外線が戻ってこなくなるので、イメージ・センサ上の影となって検出されます。影の位置からタッチ位置の影が分かるので、2箇所から測定すれば、三角測量の要領でタッチされた場所がわかります。

画像:赤外線と影の2箇所からの測定で、指先の位置を検出。

  • 機構的には簡素で故障しにくい。

    機構的には簡素で故障しにくい。

  • 軽量化もしやすい。

    軽量化もしやすい。

  • 設置する対象物を選ばなくて良い。

    設置する対象物を選ばなくて良い。

  •  大型化も比較的簡単で面積の割には薄いものにも適用可能。

    大型化も比較的簡単で面積の割には薄いものにも適用可能。

  • アルゴリズム次第では、複数個所の検出(マルチタッチ)も可能。

    アルゴリズム次第では、複数個所の検出(マルチタッチ)も可能。

  • 指やペンだけでなく、手袋や汚れた手、濡れた手などでも入力可能。

    指やペンだけでなく、手袋や汚れた手、濡れた手などでも入力可能。

  • 静電気や磁気やノイズに強い。

    静電気や磁気やノイズに強い。

用途例として

大型に対応しているため、テレビのニュースやワイドショーで使用されている大型タッチパネル

大型に対応しているため、テレビのニュースやワイドショーで使用されている大型タッチパネル

学校施設のデジタルホワイトボード

学校施設のデジタルホワイトボード

駅やビル内の施設案内システム

駅やビル内の施設案内システム

  • 動作原理
  • 特徴
  • 仕様
製品案内
  • 液晶タッチパネル
    • 静電容量方式液晶タッチパネル
    • 光学式タッチパネル
    • 抵抗膜方式タッチパネル
  • 液晶ペンタブレット
  • タッチスイッチ
  • 液晶パネル
  • ぺんてるを選ぶ、5つの理由。
  • EMS業務

このページの先頭へ